プリスクール、キンダーガーテン、インターナショナルスクールなど世界の幼児教育情報サイト

コラム

ドルトン・プラン

1920年にアメリカのヘレン・パーカーストによって考案されたドルトン・プランは、現在では早期英才教育として知られ、世界各地に学校が作られています。その中で最も有名なものは、パーカースト自身が創立したニューヨークのプレップ・スクールであるドルトンスクールで、別名「子ども大学」と呼ばれています。幼児から高校生までの一貫教育をしています。 1.特徴 ドルトン教育は、自発性、自主性を重んじ問題解決学習を取り入れた教育で、クラスの人数にかかわらず一人ひとりの能力を伸ばす目的で考案されました。自由と協同という2つの原理が柱になっています。 2.自由 「自由の原理」は生徒一人ひとりの興味を尊重して能...

モンテッソーリ教育

マリア・モンテッソーリによって考案されたモンテッソーリ教育は、自らの研究成果である感覚教育法を基にしています。1907年にイタリアで貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において完成され、瞬く間に欧米を中心に世界各国に広がりました。特にアメリカでは全土に普及し、現在では多くの私立校をはじめ、数百の公立学校でもモンテッソーリ・プログラムが導入されています。 1.特徴 「子どもの家」と呼ばれる学校では、子ども達は自由に個別学習をし、一人ひとりが自分に合う遊びをみつけ、自分のペースで納得いくまで学習します。さまざまな能力の獲得には、それぞれ最適な時期があり、モンテッソーリ教育ではこの「...

シュタイナー(ヴァルドルフ)教育

1919年にオーストリア出身のルドルフ・シュタイナー博士によってドイツに創立されたヴァルドルフ(シュタイナー)学校は、そのユニークで独特な教育により世界中で急速な成長を遂げています。シュタイナー学校は発祥地のドイツに次ぎ北アメリカにも多く、アメリカでは近年、公立の研究開発校であるチャータースクールで、シュタイナー教育を取り入れている学校が相次いで設立されています。 1.教育の目標 科学者兼文学者兼哲学者であり、芸術家でもあるシュタイナー博士は「人智学」という哲学を一貫させた教育を考案しました。「自分で、自分についての意味を与えることのできる個人を創りだすこと」がこの教育の目標です。生徒...

アメリカの幼児教育の種類と特徴

アメリカと日本の学校制度の大きな違いは、就学年齢などが州によって異なる点です。また学区によって始業日、終業日、休校日、年間授業時間、進級学年の区切り、カリキュラムの内容や飛び級の方針なども異なります。義務教育も州によって違いますが、だいたい5~6歳から17~18歳までになっています。殆どの小学校に1年間のキンダーガーテン(幼稚園)が併設されており、義務教育になっています。まず、アメリカの就学前教育の形態と保育施設や関連する制度を見ていきましょう。 1.就学前教育の種類 デイケアやナーサリーと呼ばれる州の認可校や個人宅で、1日、半日または時間単位で、ゼロ歳児から預かってくれます。都合のよ...

« 1 2
PAGETOP
Copyright (C) VividWorks, Inc. All Rights Reserved.