プリスクール、キンダーガーテン、インターナショナルスクールなど世界の幼児教育情報サイト
  • HOME »
  • 世界の幼児教育 »
  • 日本
幼児教室を探す

日本

Pipsチャイルドカレッジ

子どもたちを”正のスパイラル”状態へと導きたい Pipsの代表であり理事の河村季世乃さんが、同校を設立したのは2014年。 20年以上総合塾を経営しており(現在の国分寺校)、かつ5人の子どもの母親(子どもたちはアメリカへ留学)でもある河村さんは、開校に至った経緯をこのように振り返ります。 「グローバル化が進む現代では、他人と英語でコミュニケーションを取れることは、今や最低条件であり必要不可欠です。 そのため、英語でコミュニケーションが取れることを基本に、優秀な子どもを育てる、リーダーとなれる子どもを育てたいと思い、当校を開校しました。 同校へ入園して3年も経つと、子どもたちはバイ...

イートンハウス インターナショナルプリスクール・東京

レッジョ・エミリア・アプローチの影響を強く受けたカリキュラム イートンハウスのはじまりは1995年・シンガポール。 創設者のMrs. Ng Gim Chooが夫の仕事でロンドンに駐在していた時、イギリスのプリスクールで”子どもたちが楽しみながら学んでいる姿”に感銘を受けたことが、開校のきっかけです。 彼女は、当時のシンガポールでは主流だった”詰め込み教育”ではなく、このプリスクールのように、”一人一人に合わせた教育”を行いたいという強い思いを持っていました。 その思いが色濃く顕れているのが、レッジョ・エミリア・アプローチの影響を強く受けたカリキュラムです。 子どもたちは、自分...

Tesoro International School

レッジョ・エミリア・アプローチを基本とした園風 同校は、2016年4月にグランドオープン。 代表の青木美恵子さんが、大人になってから外国語を学ぶのに大変苦労したことが開校のきっかけとなりました。 代表の青木さんは”子どもたちには自分と同じような苦労をしてほしくない”と考え、英語習得が比較的容易い幼少期の間に、楽しみながら、ツールとして英語を学んで欲しいと考え、スクール設立を決意したといいます。 同校の名前となっている”Tesoro” はイタリア語で「宝物」という意味。保護者にとっての宝物である子どもを預かり、スクール内で宝(これからの時代に必要な能力)を育んでいきたいという願いが込...

Mitsui Gardens International Preschool

安全性を追求した学校 通っている子どもは、日本人とアメリカ人で半々くらいです。 つまり、約半数はEWAメンバー以外の子どもが通っています。 また、同校は小さな子どもが通う学校として重要な「安全性」を追求した学校であると感じます。 例えば、多くのプリスクールでは、天気の良い日には歩いて近くの公園まで散歩しますが、なんと同校には、学内に公園があるため、車や自転車が走る道路を歩いて公園まで行く必要がないのです。 さらに、プリスクールでは珍しく警備員の方が配置されており、子どもたちの安全を守る体制が整っています。 アメリカ幼児教育界で高クオリティで評判のカリキュラム 授業はアメリ...

Little Steps

生涯を通して続けられるスクール 現在、大人向けの英語学校【FORWARD】に併設されているLittle Stepsは、2005年銀座にオープン。 Little Stepsというスクール名は、「小さな一歩を大切に」という思いで、一人一人の感性を大切にしながら、英語コミュニケーション力と英語で考える力育む学校として名付けられました。 子どもたちは、主に学校後、週末に通っています。 FORWARDのスクール内は原則日本語禁止、オールイングリッシュが徹底されています。また、FORWARDのメソッドを活かしたカリキュラムは、フォニックスなど実践的なものが取り入れられており、英語に浸かることが...

ウイインターナショナルプリスクール

「オールイングリッシュ」でありながら日本語も教えてくれる 同校が開校となったのは2014年4月。 【24時間英語託児所】として知られるナーサリー ウイに子どもを預ける保護者たちから「ナーサリー ウイを卒園したあとも、英語を学べるプリスクールやアフタースクールを作ってほしい」と熱望されたことがきっかけでした。 同校の一番の特徴は、スクール内で「オールイングリッシュ、ノージャパニーズ」を徹底していること。子どもたちにもそのルールは染み付いており、部屋から先生が出て行き子どもだけになったとしても、誰一人日本語を話すことはありません。子ども同士でこそこそと日本語を話すことすらないのです。 ...

KIDS EDU International preschool & academy

”モンテッソーリ”の教育メソッドを取り入れた学習空間 子どもたちの可能性を育み、自ら意欲的に学び続ける学習空間を作りたい・・・代表の高橋記代子さんの強い思いから、同校が開校したのは2012年。 子どもの興味分野に基づく環境を整え、発達段階に応じたプログラムを行うことで、知的で自由な創造力や可能性を育むことを目標とした学校が作られました。 「複数の選択肢の中から、子どもの特性に応じた選択を」という想いから、ネイティブの英語に触れながら国際感覚を身につけるプリスクール、情操を育むモンテッソーリクラス、幼稚園・小学校受験に特化した幼児教室、ピアノ、バイオリン、リトミック、絵画教室など、さま...

まほうの保育園

すべて無料の”おけいこ” 女性の働き方がどんどん変わっている昨今、共働きを選択する家庭は増えています。 そのような中、”お母さんが働いている間に子どもを預ける場所”ではなく、”子どもの教育のために預けたい場所”を提供したいという創始者の理念のもと作られたのが「まほうの保育園」。 なんといっても特徴的なのが、園内で行える”豊富なおけいこ”。しかも、同校のおけいこは、すべて無料で受けることができるのです! 一般的に、幼稚園に通っている子どもはおけいこに通っている場合が多いですが、保育園に通っている子どもは、母親の仕事の都合などもあり、なかなかおけいこに通えないことが多いのではないでしょ...

Ayla International School

子どもの個性に合わせた学び方を最優先 子どもが物事を学ぶときの学び方(ラーニング・スタイル)は、主に「オーディオ・ラーナー」「ビジュアル・ラーナー」「フィジカル・ラーナー」の3パターンに分類できます。 「オーディオ・ラーナー」 とにかく音楽が好きで、常に歌を歌っているタイプの子ども。このタイプには、歌を歌ったりラップスタイルで物事を教えます。 「ビジュアル・ラーナー」 お絵かきを好み、絵を描くと理解が進むタイプの子ども。このタイプには、お絵かきやパズル、レゴを使って物事を説明し、理解を促します。 「フィジカル・ラーナー」 じっと座っているのが苦手で、走り回っているタイ...

« 1 3 4 5
PAGETOP