プリスクール、キンダーガーテン、インターナショナルスクールなど世界の幼児教育情報サイト
  • HOME »
  • 幼児教室を探す

幼児教室を探す

  • FUTURE児童園 日本橋

    子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

  • FUTURE児童園 太子堂

    子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

  • FUTURE児童園 田端

    子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

  • FUTURE児童園 下丸子

    子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

  • バイリンガル幼児園Cosmo Global Kids

    思考力と探究心の育みを重視したカリキュラム 『日本と世界の架け橋』という理念を掲げ、国際交流事業を行っていた株式会社CosmoBridgeが、『小さな子どもたちが、英語だけでなく、思考力や探究心を育める環境を作りたい』と、2016年4月にオープンしました。 「これからのグローバル社会で本当に必要な能力とは、英語力を中心とした表現力だけではなく、思考力と探究心だと考えています。グローバル社会で活躍できる日本人が少ない理由は、「英語力が低いから」ではなく、「自分の意見を持っていない人が多いから」だと考えます。 自分の意見を持てないのは、「物事に興味がない、もしくは興味があっても範囲が狭...

  • SkyCrest International School

    緑豊かで広々とした環境と、毎日の「目で楽しめる食事」 創設者の秋山彩香さんはMBAを保持する、二児の母。秋山さんは、自身の妊娠をきっかけに、子供への教育に強い興味を持つようになりました。自ら国内外の現地へ出向き、様々な教育法を学ぶ中で、自分が求める要素を“すべて”満たしたスクールはなかなか無く、「自分の子どもを通わせたいスクールを」という強い想いから当園をオープンしました。 子どもの学びに欠かせないと考える一つの要素が、自然の美しさや素晴らしさを感じられる環境です。同園は、緑豊かな田園調布の、赤いレンガの外壁が印象的な一軒家の中にあります。キャンパス内には緑あふれる豊かな木々、広々とし...

  • MY Kindergarten

    山形県初の「バイリンガル保育園」 2014年、山形県山形市に開校したMY Kindergarten。 同校は、平具蘭土 来安(ヘイグランド ライアン)・真希夫妻によって運営されています。 副園長の平具蘭土 真希(ヘイグランド マキ)さんは、山形市内の小・中学校に英語講師として勤務したのち、2007年に家族でアメリカへ移住。オレゴン州ポートランド市立リッチモンド小学校で担任を受け持っていました。 その後日本に帰国し、日本各地のインターナショナルスクール・バイリンガル幼稚園を視察・訪問していたという経歴の持ち主。 「これまで、講師として、親として、ボランティアとして、アメリカと日本の教育...

  • Sunny Side保育園

    子どもたちの意思を尊重し、子どもたちがやりたいと思ったことを優先する もともとは事業所内保育園として設立された同校ですが、現在では、近隣地域に住む子どもたちも多く通っています。 「阿南市は、教育熱心な保護者が多いエリアですが、英語の保育園はあまりありません。そのため、同校に見学に来られた方は、子どもたちの発話量に驚かれます。以前は、四国放送の『ゴジカル』という番組で特集いただいたこともあります。毎年、口コミや紹介で入園される方が多いように思います」と語るのは、同園を運営する一般社団法人阿南英語保育サービスで働く、村田友樹さん。 日本語と英語を組み合わせたカリキュラムを組み、遊びな...

  • Happy English House

    「主体性があって、自発的にやる子」を育てる環境 同校の創立者であり、マネジメントに携わる森 尚さんは、会社員時代の海外勤務を経て、北海道・函館市に移住した際、函館の現状に危機感を抱いたのだそう。大好きな函館に少しでも貢献したいという想いから、2016年9月、森さんはプリスクールの開校を決意します。 「函館市は、全国で最も魅力的な街1位に選ばれるような都市でありながらも、人口減少が著しく、若い人がどんどん札幌や本州に出て行っている状況なんですね。 また、函館市は『国際観光都市』と自ら宣言し、海外から観光客を呼ぼうと活動していますが、実際のところ、函館で英語を話せる人は少ない。 そこで...

  • ALEXANDER ENGLISH NURSERY

    英語力の向上には、『英語を聞く量と話す量』が、なによりも大切 柏市にあるALEXANDER ENGLISH NURSERYは、園長のアレクサンダー・マッカボーイさんと、妻のマッカボーイ・麻貴子さんのお二人が経営されているプリスクールです。 1983年から『アレクサンダー英会話』を運営していたマッカボーイ夫妻。英会話教室に通う子どもたちの保護者から「いつまで通えば英語がペラペラになりますか?」と聞かれることが多かったのだそう。 「率直に申し上げて、週に1度の50分間のレッスンでは、英語が好きになる、興味が湧くようになるのには役立つが、英語がペラペラというレベルに持って行くのは難しい...

« 1 3 4 5 »
PAGETOP
Copyright (C) VividWorks, Inc. All Rights Reserved.