プリスクール、キンダーガーテン、インターナショナルスクールなど世界の幼児教育情報サイト
  • HOME »
  • 世界の幼児教育 »
  • 東京都
幼児教室を探す

タグ : 東京都

FUTURE児童園 日本橋

子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

FUTURE児童園 太子堂

子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

FUTURE児童園 田端

子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

FUTURE児童園 下丸子

子どもたちの『やりたいという気持ち』を引き出すカリキュラム 朝7:30から19:00まで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っている同園。子どもたちは、英語にどっぷりと浸かった生活を過ごし、楽しみながらごく自然に、英語を吸収していきます。 毎日、さまざまなレッスンが行われているのも同園の特徴です。午前中、午後のレッスンは英語、午後は工作、音楽、歌・ダンス、日本語クラス、水泳、体操、食育と、盛りだくさんのプログラムが実施されています。 なお、基本的にオールイングリッシュなので、子どもたちの英語力もめきめきと上がっていきます。 「当園では、子どもたち一人ひとりが積極的に参加できる環境を...

SkyCrest International School

緑豊かで広々とした環境と、毎日の「目で楽しめる食事」 創設者の秋山彩香さんはMBAを保持する、二児の母。秋山さんは、自身の妊娠をきっかけに、子供への教育に強い興味を持つようになりました。自ら国内外の現地へ出向き、様々な教育法を学ぶ中で、自分が求める要素を“すべて”満たしたスクールはなかなか無く、「自分の子どもを通わせたいスクールを」という強い想いから当園をオープンしました。 子どもの学びに欠かせないと考える一つの要素が、自然の美しさや素晴らしさを感じられる環境です。同園は、緑豊かな田園調布の、赤いレンガの外壁が印象的な一軒家の中にあります。キャンパス内には緑あふれる豊かな木々、広々とし...

タマガワ・インターナショナル・プリスクール

グローバルな価値観、自立心、立ち振る舞いを身につける 園長の福田氏が、イギリスから帰国し、「自分の娘を入れたいと思えるスクールを」という考えから、同校をオープンしたのは2006年。 その願いは『子どもの知的好奇心を満足させてあげられる場所であり、かつ、親が安心して預けられる場所をつくること』。 その思いは、どのような形でスクールに反映されているのでしょうか。 「当スクールは2階建ての一軒家をまるまる使っています。この頃は、大通りに沿って建つビルの中にあるスクールが多いと思いますが、当校は戸建てを借りているんです。なぜなら、一軒家だと庭がありますし、家庭的な環境での学びが可能になるか...

バイリンガルアート保育ルーム Fairy Tale

子どもたちがワクワク・ドキドキするような場をつくりたい 園長の石井聖子氏が、同園を立ち上げたのは2012年。 アフリカから帰国し、とあるインターナショナルスクールで勤務していた石井氏は、通っている子どもたちの表情に違和感を持ったといいます。 「その園はカリキュラムが充実していたのですが、様々なことを『詰め込みすぎ』て、子どもたちは疲れてしまい、あまり楽しそうではありませんでした。 子どもたちが楽しいと思えない教育に意味はないと思うのです」(石井氏) 『好奇心旺盛な子どもたちが、ワクワク・ドキドキするような場をつくりたい』と『子どもたちが一人ひとり、自分らしく過ごせるような環境...

Pocket International Preschool 高円寺校

『あなたはどう思いますか?』を常に投げかける教育方針 校長の赤嶋かなえさんは、カナダのハリファックスで数年を過ごし、日本に戻ってきたときに、娘の英語力を維持させたいと考えたことから、イングリッシュポケットを開校しました。 まるでポケットに入れるように、いつも身近に英語を感じてほしいという願いから、イングリッシュポケットと名付けたそうです。 イングリッシュポケットには、就学前のプリスクールとして、同校とPrime International School(URL挿入)がありますが、違いはどこにあるのでしょうか。 「Prime International Schoolは、帰国子女の...

Pocket International Preschool 上北沢校

『あなたはどう思いますか?』を常に投げかける教育方針 校長の赤嶋かなえさんは、カナダのハリファックスで数年を過ごし、日本に戻ってきたときに、娘の英語力を維持させたいと考えたことから、イングリッシュポケットを開校しました。 まるでポケットに入れるように、いつも身近に英語を感じてほしいという願いから、イングリッシュポケットと名付けたそうです。 イングリッシュポケットには、就学前のプリスクールとして、同校とPrime International School(URL挿入)がありますが、違いはどこにあるのでしょうか。 「Prime International Schoolは、帰国子女の...

Pocket International Preschool 荻窪校

『あなたはどう思いますか?』を常に投げかける教育方針 校長の赤嶋かなえさんは、カナダのハリファックスで数年を過ごし、日本に戻ってきたときに、娘の英語力を維持させたいと考えたことから、イングリッシュポケットを開校しました。 まるでポケットに入れるように、いつも身近に英語を感じてほしいという願いから、イングリッシュポケットと名付けたそうです。 イングリッシュポケットには、就学前のプリスクールとして、同校とPrime International School(URL挿入)がありますが、違いはどこにあるのでしょうか。 「Prime International Schoolは、帰国子女の...

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright (C) VividWorks, Inc. All Rights Reserved.